品質のよいプラセンタ

OLに一番選ばれる!プラセンタサプリの選び方

品質のよいプラセンタ

プラセンタサプリメントで配合量の高さを売りにしている商品を見かけることがありますが、高濃度を謳っている商品でも、熱処理により成分のほとんどが壊れていたのでは、意味がなくなってしまいます。

 

選ぶポイントは、どのような環境で育てられた哺乳動物を使用しているかが問題となります。

 

管理状態がよく衛生的に育てられた豚や馬などでは、病原菌をもっている割合が少なくなり、長い間加熱する必要性がなくなります。

 

プラセンタサプリメントを選ぶ場合は、かならず原料がどのように飼育されていたのかも、確認する必要があります。

 

とくに記載されていないプラセンタサプリでは、原料の管理まであまり気をつけていないといえ、熱殺菌も長時間やって成分が壊れている可能性もあります。

 

もともと病原菌を持っていない哺乳類動物としては、サラブレッドや豚ならSPF豚があげられます。

 

馬はもともと体温が高く病原菌を持っていない可能性が高いのですが、さらに生育環境がよいといえるのがサラブレッドです。

 

サラブレッドは競走馬として育てられ、よい餌と広々とした牧場でストレス無く育てられることが多いようです。

 

豚は寄生虫リスクはありますが、管理を徹底しているSPF豚は感染症リスクが少なくなっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ