プラセンタの配合量

OLに一番選ばれる!プラセンタサプリの選び方

プラセンタの配合量

プラセンタサプリメントは、配合量のみだけでは、濃度の高さを調べるのは難しくなっています。

 

プラセンタの配合量の表記は、各社で異なっており、統一されておらずわかりにくいのが特徴です。

 

たとえば、プラセンタ200mgという商品もあれば、10,000mgと高配合に感じる配合量の商品もあります。

 

普通に考えると、200mgより、10,000mgのほうがプラセンタの量が多いサプリメントだと判断できます。

 

しかし、その配合量がどのような状態で換算しているのかにより、200mgのほうが配合量が多い状態もありえます。

 

そのトリックは、プラセンタを薄めたエキスを10,000mg配合しているのか、それとも濃縮されている原料を200mg入れているかの違いとなります。

 

プラセンタエキス10,000mg配合と記載されていても、簡単に高濃度のサプリメントだとは判断することはできません。

 

これがプラセンタサプリメントを選びにくくしている原因のひとつとなっています。

 

10,000mgと量が多く記載されている場合は、プラセンタを抽出した原液そのままだったり、プラセンタエキスを水で薄めたものだと判断できます。

 

逆に200mgの場合は、プラセンタエキスを濃縮して配合している場合もあれば、本当にプラセンタエキスを200mgと少ない量しか配合していない場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ