羊のプラセンタ

OLに一番選ばれる!プラセンタサプリの選び方

羊のプラセンタ

プラセンタサプリメントは、豚や馬の原料だけでなく、羊プラセンタを使っている商品もみかけることがあります。

 

羊プラセンタはあまりみかけることはないのは、羊にも牛の狂牛病のようなリスクがあるからです。

 

羊の場合はスクレイピーと呼び、狂牛病のように異常な変性たんぱく質プリオンが、脳に蓄積して発症します。

 

そのため、日本ではスクレイピーのリスクを防ぐため、羊のプラセンタをサプリメントの原料に使用することはできません。

 

唯一できるのは、厳重に管理された環境で育てられた羊のみで、海外からの輸入はニュージーランドとオーストラリア産の羊のみとなっています。

 

これら2つの国では羊を放牧してストレスが無い環境で育てていたり、国を挙げて管理体制も整っています。

 

スクレイピーは狂牛病同様に、死んだ羊を加工した餌をたべなければ、発症を防げるとも考えられています。

 

ニュージーランドやオーストラリアの羊は、これらのリスクが無い環境で育てられており、プラセンタサプリメントの原料として使うことが認められています。

 

羊のプラセンタサプリメントは、原料となる羊が限られており、品質の高く高価なサプリメントとして流通していることが多いようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ