豚プラセンタは品質に違いが出る

OLに一番選ばれる!プラセンタサプリの選び方

豚プラセンタは品質に違いが出る

馬プラセンタの場合は、サラブレッドの胎盤を使うことが多く、品質に大きな差はあまり生まれません。

 

しかし、豚の場合は養豚産業などから発生する胎盤も、プラセンタ原料として使用しており、育ち方により品質に大きな差が生まれやすくなっています。

 

豚自体は本来綺麗すきで、清潔な環境で生育するのが、ストレス無く育てることができます。

 

しかし、養豚場によっては採算が得られるよう生産するために、衛生環境をあまり考慮しない飼育環境のところもあります。

 

そのような場合は、当然衛生環境が悪く、病気にもかかりやすくなりますから、事前に抗生物質を投与して管理しています。

 

衛生環境がよいとはいえない豚と、豚がストレスを感じない養豚場の豚とでは、肉質の品質から、胎盤の違い、ニオイまで変わってきます。

 

豚プラセンタが少しニオイが強いといわれるのも、生育環境の違いから発生しています。

 

豚プラセンタサプリメントであまりにも安い商品では、もしかしたら生育環境が悪く、抗生物質を大量に使用した豚の胎盤を原料に使用しているのかもしれません。

 

豚のプラセンタサプリ選びは、原料となる豚の成育環境も明記しているメーカーのほうが、信頼感は高くなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ